情報化施工(3DMC)による舗設機械制御 / 
情報化施工(3DMC)による舗設機械制御
Technical information

情報化施工(3DMC)による舗設機械制御 / 情報化施工(3DMC)による舗設機械制御

出来形精度と安全性が向上、様々な工種に導入可能な情報化施工

技術概要

舗装工事における、トータルステーションによる情報化施工システムです。スリップフォームペーバやブルドーザ等の施工機械に入力した三次元設計データと、トータルステーションにて測定した位置情報と高さ情報に基づき、高い精度で施工機械を自動制御します。
システム概要

システム概要

情報化施工(3DMC)による舗設機械制御 / 
情報化施工(3DMC)による舗設機械制御の特長

  • 施工機械の自動制御により、経験が浅いオペレータでも、熟練者と同等の舗装仕上げが期待できます。
  • 丁張りレスで施工可能なため、測量作業の削減、安全性の向上が見込めます。
  • データの一元管理による効率的な施工管理が可能です。

使用用途

  • 高速道路、トンネル、空港の舗装工事
  • 出来形の管理、簡易的な測量

  • モーターグレーダ<br>近畿自動車道(和歌山県)

    モーターグレーダ
    近畿自動車道(和歌山県)

  • アスファルトフィニッシャ<br>馬事公苑(東京都)

    アスファルトフィニッシャ
    馬事公苑(東京都)

  • トリマー(NETIS:KT-160092-A)<br>がれき処理場(宮城県)

    トリマー(NETIS:KT-160092-A)
    がれき処理場(宮城県)

  • スリップフォームペーバ(NETIS:KT-120061-VE)<br>新東名高速道路 (静岡県)

    スリップフォームペーバ(NETIS:KT-120061-VE)
    新東名高速道路 (静岡県)

技術に関するお問い合わせはこちら

本社営業部

03-5925-9436

月~金曜日8:30~17:00(土日・祝日は休み)