技術情報

小粒径骨材露出工法 / 骨材露出工法

すべり抵抗の確保、摩耗による粉塵の低減、走行騒音の低減

概要

小粒径骨材露出工法は、コンクリート舗装の「すべり抵抗の確保、摩耗による粉塵の低減、走行騒音の低減」などを期待した表面の仕上げ方法です。この工法には、ブラッシング処理とショットブラスト処理の2つの処理方法があり、いずれも表面のモルタル部分(2~3mm)を除去して粗骨材の頂部を露出させる工法です。
ブラッシング工法はコンクリート版の粗面仕上げ後、表面に凝結遅延剤を散布し、表面モルタル部の硬化を遅延させ、約20時間後にブラシにより表面モルタルを削り取る方法です。 ショットブラスト工法はコンクリート版を所定期間養生後、ショットブラスト処理にて表面モルタルを除去する方法です。

特長

1.高いすべり抵抗が確保でき、供用初期の粉塵発生が少なくなります。
2.自動車の走行騒音が小さくなります。

用途

高速道路、一般道路のトンネル内コンクリート舗装

事例紹介

ブラッシング工法

ショットブラスト工法

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)