技術情報

橋面・橋梁

橋面・橋梁関連の製品や工法などをご紹介します。

PRMS多機能工法 / PRMS多機能工法

「PRMS多機能工法」は、排水性舗装の表面骨材空隙部分に弾性レジンモルタルを充填する工法です。充填材として弾性のある特殊骨材と特殊ウレタン樹脂を使用し、耐久性に優れ、積雪寒冷地において凍結抑制効果があり、また一般的な排水舗装に比べさらに騒音低減効果も期待できる工法です。

◆大成ロテックは、「透水性レジンモルタルシステム工法協議会(PRMS工法協議会)」の会員です。

PRMS多機能工法詳細

車道用自然石舗装 / インジェクト工法

インジェクト工法(CAモルタル充填工法)は、大型車の通行にも耐えられる車道用自然石ブロック舗装です。自然石と基盤舗装との間には、衝撃吸収性と接着性に優れるアスファルト系材料(CAモルタル)を使用しているため、自然石と基盤が強固に一体化し、耐久性の高い車道用自然石ブロック舗装が構築できます。

インジェクト工法詳細

橋梁・トンネル等の補強工法 / アラミド繊維シートによる補修・補強工法

アラミド繊維シートによりコンクリート橋梁の床版や桁、橋脚や梁などの補修や補強、さらにはトンネル内壁の剥落防止などを行う工法です。本工法は、従来の炭素繊維シート工法より低コストで汎用性が高い工法です。しかも、当社が使用するアラミド繊維は通常の1方向のみならず、2方向(縦横) に編み込んだ繊維シートを使用するため、炭素繊維シートはもとより1方向のアラミド繊維シートと比較しても、施工時間の短縮やコストを縮減できる工法です。

◆大成ロテックは、「二方向アラミドシート工法研究会」の会員です。

アラミド繊維シートによる補修・補強工法詳細

砕石マスチック舗装 / TR-SMA

TR-SMA(TR-砕石マスチックアスファルト)は、粗骨材の“かみ合わせ構造”と粘性の高い“アスファルトモルタル”で構成されたギャップ粒度のアスファルト混合物です。骨材配合を変化させることで、耐流動性、耐摩耗性、たわみ追従性、耐水性あるいは耐候性等、様々な性能を特化することができます。

TR-SMA詳細

ロールドアスファルト舗装 / TRロールドアスファルト

イギリスで古くから使用されている表層用アスファルト舗装で、チッピング工法を併用して表面に20~13mmの骨材を埋め込むことにより、優れたすべり抵抗性と耐久性を有する舗装です。耐流動性を改善する場合には改質アスファルト等を使用することもあります。

TRロールドアスファルト詳細

排水性レジンモルタルシステム工法 / PRMS工法

排水性・透水性舗装の表面骨材の間隙に、高性能レジンモルタルをすり込み充填する工法です。新設舗装に適用すれば予防的維持工法になり、また、供用中で路面の荒れた箇所に適用することで、残存機能を維持する補修工法と、様々な利用ができます。

◆大成ロテックは、「透水性レジンモルタルシステム工法協議会(PRMS工法協議会)」の会員です。

PRMS工法詳細

排水性・透水性舗装表面強化工法 / 排水性トップコート工法

排水性トップコート工法は、従来の排水性舗装の表面にMMA樹脂を散布・固化させることで、強固な皮膜を形成し、排水機能を維持したまま、耐摩耗性や骨材飛散などに対する耐久性を向上させるものです。

◆大成ロテックは、「排水性トップコート工法研究会」の会員です。

排水性トップコート工法詳細

排水性・透水性舗装 / ポーラスペーブ

透水機能を有する空隙率の大きなアスファルト舗装です。排水性舗装の場合は、基層などの不透水層の上に舗設され、降雨を舗装体内に浸透させて舗装内を通して排水溝に流出させる構造を有する舗装です。排水機能の他、騒音低減効果も有します。

ポーラスペーブ詳細

物理系凍結抑制舗装 / ルビット舗装

アスファルト混合物にタイヤリサイクルゴム粒子を混入した凍結抑制舗装です。表面に突出しているゴム粒子はタイヤの荷重を受けると変形するため、路面上の雪氷はゴム粒子の変形に追従できずに破砕・除去され路面凍結による交通事故を低減します。

◆大成ロテックは、「ゴム粒子入り凍結抑制舗装振興会(RAS振興会)」の会員です。

ルビット舗装詳細

化学系凍結抑制舗装 / 化学系凍結抑制舗装

アスファルト混合物に添加した塩化物系の凍結抑制材(マフィロン等)の氷点降下により、路面凍結を抑制する舗装です。

化学系凍結抑制舗装詳細

電磁誘導敷均し高さ制御システム / 電磁誘導敷均し高さ制御システム

橋梁の床版舗装において、微弱な電流から発生する磁界を利用し、舗装高さの自動制御を行うシステムです。センサロープを設置してアスファルトフィニッシャの制御を行う必要がなく、安全性の向上と高精度な施工、作業の合理化・省力化を可能としました。

電磁誘導敷均し高さ制御システム詳細

中温化アスファルト混合物 / ビスコミックス

特殊添加剤(ビスコレート)を加えることで、製造時の混合性や舗設時の締固め性を向上させたアスファルト混合物です。通常と同等の作業性で製造温度を約30℃下げる場合(中温化)と、製造温度を下げずに高い作業性の混合物とする場合(施工性改善)と2つの使用方法があります。

ビスコミックス詳細

舗装厚さの調査・診断 / 舗装厚さレーダ

アスファルト混合物の厚さをリアルタイムに測定することができる電磁波を利用したシステムです。 従来のような「コア採取(舗装破壊)、コア跡復旧」のようなプロセスがないので、舗装を傷めることがありません。また、RIを利用したシステムのような事前のキャリブレーションも必要ありません。 測定装置は、「本体表示器、アンテナ、プリンタ」とコンパクトな構成で、一人で測定が可能です。

舗装厚さレーダ詳細

非破壊式地中探査技術 / 地中探査レーダ

道路の掘削工事等において、掘削する路面下に地下埋設管(水道、電力、通信)があり、これらの埋設位置を従来は試掘により確認してききましたが時間と労力を要していました。 地中探査レーダは、地中にある埋設管を非破壊で短時間に確認できる探査技術です。

地中探査レーダ詳細

鋼床版用防水アスファルト舗装 / グースアスファルト舗装

グースアスファルトは、アスファルトプラントで製造し、専用運搬車(クッカー)で更に200~240℃程度にクッキングされた後、鋼床版舗装の防水層形成を目的に専用フィニッシャで敷ならすアスファルト舗装です。

グースアスファルト舗装詳細

鋼床版コンクリート補強工法 / 鋼床版補強SFRC舗装

鋼床版の疲労亀裂対策のため、エポキシ樹脂材を塗布しながら、鋼繊維補強コンクリート(SFRC)を床版上面に打継ぐ工法です。

鋼床版補強SFRC舗装詳細

構造物の表面保護工法 / 常温ガラスコーティング工法

コンクリートや金属(鉄、アルミ、ステンレス)で作られているトンネル、橋脚、ボックスカルバート、地下通路、シャッターなどに、スプレーや刷毛により、セラミック質(SiO2)の薄膜を常温で形成する画期的なコーティング技術です。汚れ防止や落書き除去などに最適です。

常温ガラスコーティング工法詳細

コンクリート床版上面増厚工法 / 床版増厚工法

床上面増厚工法は、既設コンクリート床版の曲げ耐力や押抜きせん断耐力の向上目的に、床版上面に新たに厚さ6~10cmの鋼繊維補強超速硬コンクリートを打ち継ぐ床版補強工法です。

床版増厚工法詳細

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)