技術情報

生活道路・構内道路

生活道路・構内道路関連の製品や工法などをご紹介します。

PRMS多機能工法 / PRMS多機能工法

「PRMS多機能工法」は、排水性舗装の表面骨材空隙部分に弾性レジンモルタルを充填する工法です。充填材として弾性のある特殊骨材と特殊ウレタン樹脂を使用し、耐久性に優れ、積雪寒冷地において凍結抑制効果があり、また一般的な排水舗装に比べさらに騒音低減効果も期待できる工法です。

◆大成ロテックは、「透水性レジンモルタルシステム工法協議会(PRMS工法協議会)」の会員です。

PRMS多機能工法詳細

ブロック舗装の補修強化工法 / ビグラウト工法

ビグラウト工法は、破損の主な原因となる敷砂層および目地砂部を固化させ、ブロックと一体化して剛性を持たせることにより、車両荷重に耐え得る構造とする補強工法です。

ビグラウト工法詳細

簡易な維持修繕舗装工法 / ヒートリフレッシュ工法

ヒートリフレッシュ工法は、傷んだアスファルト舗装路面を“チャージャーヒータ車”で「加熱・かきほぐし・新規合材の敷ならし」を1パスで行う、簡易な舗装の維持修繕工法です。

ヒートリフレッシュ工法詳細

遮熱性舗装 / クールウェイ

クールウェイは、アスファルト舗装の表面に近赤外線波長領域の光を効率よく反射する遮熱材を塗布し、日中の太陽光を反射させ、舗装路面の温度上昇を抑制する舗装です。

◆大成ロテックは、「路面温度上昇抑制舗装研究会(クール舗装研究会)」の会員です。

クールウェイ詳細

自然色アスファルト舗装 / TNC自然色舗装

TNC自然色舗装は、表層部分に脱色アスファルトと天然骨材を使用した舗装工法で、天然骨材の自然な色彩を再現できる景観に優れた舗装です。

TNC自然色舗装詳細

エポキシ樹脂系常温補修材 / TDMスーパー

エポキシ樹脂をバインダにした常温混合物で、緊急に舗装路面を補修したい場合に最適な混合物です。

TDMスーパー詳細

常温アスファルト合材 / TDM

TDMは、傷んだアスファルト舗装に発生したポットホールや段差の補修、埋設工事にともなう路面の仮復旧などに幅広く使える常温アスファルト合材です。

TDM詳細

インターロッキングブロック舗装 / ILB舗装

幾何学形状に製造されたコンクリートブロックを敷き並べ、ブロック相互のかみ合わせにより荷重分散を図る舗装です。

ILB舗装詳細

路面凍結抑制システム / しみるくん

「しみるくん」は、凍結抑制剤を貯蔵するタンクとポンプユニットを路側部分などに設置し、凍結抑制液をセンサー制御により自動的に路面設けた誘導溝(グルービング)から路面に拡散させ、冬期路面の凍結抑制システムです。

◆大成ロテックは、「社団法人 雪センター」の会員です。

しみるくん詳細

舗装の健全度の調査・診断 / FWD舗装構造診断システム

FWD(Falling Weight Defrectometer)は、重錘落下によって舗装面に衝撃荷重を作用させ、荷重によって生じる舗装面のたわみ形状から、舗装体各層の弾性係数およびその値から等値換算係数を推定し、舗装体の構造的健全度を評価する診断システムです。

FWD舗装構造診断システム詳細

保水性舗装 / クールロード

クールロードの構造は、開粒度アスファルト層の空隙に保水性グラウトを充填したもので、保水性グラウトは雨水を蓄える機能を持っています。保水された水分は、蒸発する時に気化潜熱を舗装体から奪うため、路面温度の上昇を抑えることができます。このため、都市部の「ヒートアイランド現象の緩和」や住宅街の「熱帯夜の減少」などに対して有効な舗装と期待されています。

◆大成ロテックは、「路面温度上昇抑制舗装研究会(クール舗装研究会)」の会員です。

クールロード詳細

半たわみ性舗装 / TX工法

空隙率の大きな開粒度タイプの母体アスファルト混合物に、ゴム系のエマルジョン(TX-O)を添加したセメントミルクを浸透させた舗装です。アスファルト舗装のもつたわみ性とコンクリート舗装のもつ剛性が複合された舗装です。

TX工法詳細

排水性レジンモルタルシステム工法 / PRMS工法

排水性・透水性舗装の表面骨材の間隙に、高性能レジンモルタルをすり込み充填する工法です。新設舗装に適用すれば予防的維持工法になり、また、供用中で路面の荒れた箇所に適用することで、残存機能を維持する補修工法と、様々な利用ができます。

◆大成ロテックは、「透水性レジンモルタルシステム工法協議会(PRMS工法協議会)」の会員です。

PRMS工法詳細

排水性・透水性舗装表面強化工法 / 排水性トップコート工法

排水性トップコート工法は、従来の排水性舗装の表面にMMA樹脂を散布・固化させることで、強固な皮膜を形成し、排水機能を維持したまま、耐摩耗性や骨材飛散などに対する耐久性を向上させるものです。

◆大成ロテックは、「排水性トップコート工法研究会」の会員です。

排水性トップコート工法詳細

排水性・透水性舗装 / ポーラスペーブ

透水機能を有する空隙率の大きなアスファルト舗装です。排水性舗装の場合は、基層などの不透水層の上に舗設され、降雨を舗装体内に浸透させて舗装内を通して排水溝に流出させる構造を有する舗装です。排水機能の他、騒音低減効果も有します。

ポーラスペーブ詳細

排水性・透水性コンクリート舗装 / ポーラスペーブ・コンクリート

ポーラスペーブ・コンクリートは、多くの空隙をもつポーラスなセメントコンクリートを使用することにより、雨水を浸透させることがきる環境に優しい舗装で、「排水型」と「透水型」があり、用途によって使い分けることができます。

ポーラスペーブ・コンクリート詳細

物理系凍結抑制舗装 / ルビット舗装

アスファルト混合物にタイヤリサイクルゴム粒子を混入した凍結抑制舗装です。表面に突出しているゴム粒子はタイヤの荷重を受けると変形するため、路面上の雪氷はゴム粒子の変形に追従できずに破砕・除去され路面凍結による交通事故を低減します。

◆大成ロテックは、「ゴム粒子入り凍結抑制舗装振興会(RAS振興会)」の会員です。

ルビット舗装詳細

化学系凍結抑制舗装 / 化学系凍結抑制舗装

アスファルト混合物に添加した塩化物系の凍結抑制材(マフィロン等)の氷点降下により、路面凍結を抑制する舗装です。

化学系凍結抑制舗装詳細

転圧コンクリート舗装 / RCCP

転圧コンクリート舗装(RCCP:Roller Compacted Concrete Pavement)は、単位水量の少ない超硬練りのコンクリートを高性能な大型アスファルトフィニッシャで敷きならし、舗装用ローラで締固めてコンクリート版を構築する工法です。

RCCP詳細

中温化アスファルト混合物 / ビスコミックス

特殊添加剤(ビスコレート)を加えることで、製造時の混合性や舗設時の締固め性を向上させたアスファルト混合物です。通常と同等の作業性で製造温度を約30℃下げる場合(中温化)と、製造温度を下げずに高い作業性の混合物とする場合(施工性改善)と2つの使用方法があります。

ビスコミックス詳細

舗装厚さの調査・診断 / 舗装厚さレーダ

アスファルト混合物の厚さをリアルタイムに測定することができる電磁波を利用したシステムです。 従来のような「コア採取(舗装破壊)、コア跡復旧」のようなプロセスがないので、舗装を傷めることがありません。また、RIを利用したシステムのような事前のキャリブレーションも必要ありません。 測定装置は、「本体表示器、アンテナ、プリンタ」とコンパクトな構成で、一人で測定が可能です。

舗装厚さレーダ詳細

非破壊式地中探査技術 / 地中探査レーダ

道路の掘削工事等において、掘削する路面下に地下埋設管(水道、電力、通信)があり、これらの埋設位置を従来は試掘により確認してききましたが時間と労力を要していました。 地中探査レーダは、地中にある埋設管を非破壊で短時間に確認できる探査技術です。

地中探査レーダ詳細

高耐久型常温アスファルト混合物 / TDMオールウェザー

TDMオールウェザーは、パッチングやポットホールの補修用として加熱アスファルト混合物と同等の高い安定性と耐水性を有する常温アスファルト混合物です。バインダ中に添加してある高分材料は、施工時の転圧エネルギーを受けることにより高い安定性と耐水性を発揮します。

TDMオールウェザー詳細

景観半たわみ性舗装 / 景観TX工法

景観TX工法は、半たわみ性舗装(TX工法)の表面をショットブラストにより粗骨材表面部のペースト分を取り除き、御影石のような表面をつくる工法で、カラーセメントを使用することで、より景観に配慮した路面が構築できます。

景観TX工法詳細

景観透水性舗装 / エポック舗装

カラー透水性舗装の歩行性向上とアスファルトのにじみ出しを防止する工法です。工法には、透水性舗装表面に樹脂を吹き付けてから研磨する工法(E-1)、研磨・高圧洗浄し、カラー塗料を吹き付ける方法(E-2)、路面を研磨するだけで樹脂を使用しない骨材カラーのバージョン(E-3)の3種類あり用途に応じて選択できます。

エポック舗装詳細

すべり止め舗装 / ニート工法

特殊バインダを用いて舗装面に硬質骨材を固着させるすべり止め舗装で、接着性に優れ、アスファルト舗装、コンクリート舗装、鋼床版などに施工できます。

ニート工法詳細

コンクリート表面仕上げ工法 / スタンプコンクリート

コンクリートやモルタルが柔らかいうちに、着色や成型を行うスタンプ工法です。

スタンプコンクリート詳細

コンクリート版ひび割れ補強工法 / フラットバーステッチ工法

フラットバーステッチ工法は、ひび割れにより荷重達率が低下したコンクリート版を、鋼製フラットバーで連結してコンクリート版の機能を回復させる補強補修工法です。

フラットバーステッチ工法詳細

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)