技術情報

その他

その他関連の製品や工法などをご紹介します。

水質浄化工法 / ミズコシタロウ

凝集剤などの薬品を使わず、高分子マイクロフィルターで汚濁水を処理する技術です。

ミズコシタロウ詳細

情報化施工(GNSS)によるアスファルトフィニッシャ制御 / TR-SAPシステム

舗装工事において、GNSS(汎地球測位航法衛星システム)とゾーンレーザ技術を融合させた情報化施工システムです。モーターグレーダやアスファルトフィニッシャ等の施工機械に入力した三次元設計データと、GNSSより受信した位置情報に基づき、高い精度で施工機械を自動制御します。

TR-SAPシステム詳細

アスファルト舗装の強制冷却工法 / 舗装路面冷却工法

アスファルト舗装舗設後の養生時間を短縮するため、水噴霧等によって舗装を強制冷却する工法です。特に、舗装温度の下がりにくい夏場で施工時間に制約がある場合には、通常より低い温度で施工できる中温化アスファルト混合物「ビスコミックス」と併用すると、より効果的に養生時間を短縮できます。

舗装路面冷却工法詳細

路床・路盤の表面整正機 / トリマー9000

トリマー 9000は、従来のグレーダやブルドーザに代わり、トリミング方式(鋤取り式)により、路床や路盤の表面整正を行う機械です。

トリマー9000詳細

路面凍結抑制システム / しみるくん

「しみるくん」は、凍結抑制剤を貯蔵するタンクとポンプユニットを路側部分などに設置し、凍結抑制液をセンサー制御により自動的に路面設けた誘導溝(グルービング)から路面に拡散させ、冬期路面の凍結抑制システムです。

◆大成ロテックは、「社団法人 雪センター」の会員です。

しみるくん詳細

明色舗装用タイヤローラ / ホワイトタイヤローラ

明色アスファルト舗装工事において、舗装転圧時のタイヤローラより発生する「タイヤの黒ズミ」を解消する転圧機械です。これにより、供用後の舗装路面は、照明効果や夜間視認性に優れる状態となり、通常の明色アスファルト舗装よりも走行安全性を向上させることができます。

ホワイトタイヤローラ詳細

マップ工法 / マップ工法


2種類のアスファルト混合物を同時に敷き均すことが可能なマルチアスファルトペーバ(MAP)を用いた工法です。使用目的により“デュアルアスファルトペーブメント”と“マルチレーンアスファルトペーブメント”の2工法があります。

マップ工法詳細

舗装の健全度の調査・診断 / FWD舗装構造診断システム

FWD(Falling Weight Defrectometer)は、重錘落下によって舗装面に衝撃荷重を作用させ、荷重によって生じる舗装面のたわみ形状から、舗装体各層の弾性係数およびその値から等値換算係数を推定し、舗装体の構造的健全度を評価する診断システムです。

FWD舗装構造診断システム詳細

電磁誘導敷均し高さ制御システム / 電磁誘導敷均し高さ制御システム

橋梁の床版舗装において、微弱な電流から発生する磁界を利用し、舗装高さの自動制御を行うシステムです。センサロープを設置してアスファルトフィニッシャの制御を行う必要がなく、安全性の向上と高精度な施工、作業の合理化・省力化を可能としました。

電磁誘導敷均し高さ制御システム詳細

舗装厚さの調査・診断 / 舗装厚さレーダ

アスファルト混合物の厚さをリアルタイムに測定することができる電磁波を利用したシステムです。 従来のような「コア採取(舗装破壊)、コア跡復旧」のようなプロセスがないので、舗装を傷めることがありません。また、RIを利用したシステムのような事前のキャリブレーションも必要ありません。 測定装置は、「本体表示器、アンテナ、プリンタ」とコンパクトな構成で、一人で測定が可能です。

舗装厚さレーダ詳細

非破壊式地中探査技術 / 地中探査レーダ

道路の掘削工事等において、掘削する路面下に地下埋設管(水道、電力、通信)があり、これらの埋設位置を従来は試掘により確認してききましたが時間と労力を要していました。 地中探査レーダは、地中にある埋設管を非破壊で短時間に確認できる探査技術です。

地中探査レーダ詳細

建築 / 建築

大成ロテックは、道づくりの事業を通して、保有する技術の進歩を図ってきました。同時に、道づくりを通して事業の領域も広がっています。その一つが建築事業です。
当社が目指す建築は、自然や社会、人とのゆたかでやさしい調和がテーマ。先進技術の追求と長年培ってきた技術の融合が生み出す高品質な居住性は、お客様から高い評価をいただいています。
これからも、文化・公共施設、健康施設から、商業施設、スポーツ施設、オフィスビル、工場、マンション、住宅など、人々が生活を営むすべての建築物に快適なクオリティをお届けします。

建築詳細

情報化施工(3DMC)によるスリップフォーム工法 / 3DMC-SF工法

自動追尾トータルステーション(TS)を用いて、コンクリート舗装工事に使用するスリップフォームペーバの敷きならし高さを自動制御するシステム(情報化施工技術)で、舗装工事の合理化・省熟練化・高精度施工に適しています。

3DMC-SF工法詳細

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)