技術情報

舗装厚さの調査・診断 / 舗装厚さレーダ

非破壊式舗装厚診断レーダ(JEJ-10A)

概要

アスファルト混合物の厚さをリアルタイムに測定することができる電磁波を利用したシステムです。 従来のような「コア採取(舗装破壊)、コア跡復旧」のようなプロセスがないので、舗装を傷めることがありません。また、RIを利用したシステムのような事前のキャリブレーションも必要ありません。 測定装置は、「本体表示器、アンテナ、プリンタ」とコンパクトな構成で、一人で測定が可能です。

特長

1. 非破壊で、連続的な舗装の厚さをリアルタイムに測定できます。
2. 測定結果は、測点付近の平均値として利用できます。
3. データレコーダ、プリンタに記録ができます。

用途

アスファルト混合物層の厚さ測定

事例紹介

測定状況

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)