技術情報

排水性レジンモルタルシステム工法 / PRMS工法

  • NETIS登録番号:HR-990098-V

排水性・透水性舗装の路面強化と透水機能等の維持・延命に

概要

排水性・透水性舗装の表面骨材の間隙に、高性能レジンモルタルをすり込み充填する工法です。新設舗装に適用すれば予防的維持工法になり、また、供用中で路面の荒れた箇所に適用することで、残存機能を維持する補修工法と、様々な利用ができます。

◆大成ロテックは、「透水性レジンモルタルシステム工法協議会(PRMS工法協議会)」の会員です。

特長

1. 路面強化(骨材飛散抑制)に優れて、空隙つまりを抑制できます。
2. 自動車タイヤ音の低減が期待できます。
3. すべり抵抗性に優れているので、排水性舗装のニート工法としても適用できます。
4. 速硬性のある樹脂を使用しているので、早期施工・交通開放ができます。
5. カラー化が可能です。

用途

1. 路面骨材の飛散が懸念される、交差点、パーキングエリア、インターチェンジ
2. 低騒音の維持、タイヤ加振音の低減の必要な箇所
3. 積雪地域のチェーンによる摩耗が懸念される地域
4. 駐車場、料金所
5. 下り坂、下り坂のブレーキング箇所、急カーブ
6. バスレーン、横断歩道

事例紹介

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)