技術情報

水利施設・処分場

水利施設・処分場関連の製品や工法などをご紹介します。

アスファルトマット工法 / アスファルトマット工法

アスファルトマットは、ケーソンの摩擦増大や海洋構造物周辺部の洗掘防止など、海洋構造物や水利構造物の保護工に適用します。

アスファルトマット工法詳細

地下貯水工法 / 地下貯水工法

「地下貯水工法」は、地面を掘削してできる凹地に、リサイクルされた小型(1,000mm×1,000mm)のクロスウェーブを滞水材として雨水を貯留または浸透させる施設です。 このとき、滞水材外周部の遮水材(シート)が遮水性のときは 「貯留構造」、透水性のときは「浸透構造」となります。

地下貯水工法詳細

廃棄物処分場 / シートと水密アスコンによる複合遮水工法

耐久性に優れ、遮水性の高い水密アスファルトコンクリートやフレキシビリティに富むシートを組み合わせた遮水工法で、廃棄物中に含まれる突起物などで遮水面が破壊することがありません。

シートと水密アスコンによる複合遮水工法詳細

厚層摩擦増大アスファルトマット工法 / 厚層摩擦増大アスファルトマット工法

防波堤、護岸に使用される重力式構造物(ケーソン)は、設置時に底版に集中荷重が作用しないよう捨石マウンドの不陸許容精度は±5cmとしています。本工法は、捨石マウンドの不陸許容精度を±10cmに緩和することで、コスト縮減・工期短縮が図れる摩擦増大アスファルトマット工法です。

厚層摩擦増大アスファルトマット工法詳細

水利用耐震性アスファルト混合物 / スーパーフレックスファルト

スーパーフレックスファルトは、大規模な地震発生時のダムや調整池における堤体変形の挙動をモデル解析し、その変形挙動に追従できるアスファルト遮水壁を構築できるよう開発されたたわみ性に優れた耐震性の高い特殊なアスファルト混合物です。

スーパーフレックスファルト詳細

アスファルト遮水工法 / アスファルト遮水工法

アスファルト遮水工法は、ダム、調整池、溜池、廃棄物処分場などの遮水を目的に、水密アスファルト混合物によりフェーシングやライニングを専用機械によって施工する遮水工法です。 本工法は、日本各地において40年以上の実績があり、耐久性や安全性などが証明されており、信頼性や汎用性が非常に高い遮水工法です。

アスファルト遮水工法詳細

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)