先輩社員の一日技術開発

岡島 穂高

技術開発

岡島 穂高 HODAKA OKAJIMA

2017年度入社
本社 生産技術本部
技術研究所 第二研究室

出身

生命理工学研究科

勤務経歴

2017年06月
本社生産技術本部技術研究所

一日の流れ

8:00 出社 メールの対応や当日行う業務の確認
8:30 工程会議 研究所の各人が行うことを確認
9:00 研究開発(in office) データの解析や報告書の作成
12:00 昼休み 食堂などで昼ご飯を食べる
13:00 研究開発(in laboratory) 様々な実験を行う
16:00 会議 共同研究先の方などと情報の共有や意見の交換を行う
16:30 片付け 身の回りや実験室の片付けを行う
17:00 退社 効率を重視し、早く帰るよう努力

仕事の内容

私は研究開発職なので、より良い技術を現場に提供することを目指し日々業務を行っています。入社1年目のときは主にアスファルト混合物の供試体の作製や、それを用いた試験を行っていました。2年目に入ってからは、路面温度の上昇を抑制できる舗装や路面の損傷を評価する装置、コンクリート舗装の破壊に関する研究などを行っています。実験計画を組み実行し上司に報告することが主な業務の流れです。ほとんどの研究は当社単独ではなく、大学の教授や他の企業の方々と共に進めています。土木や建設とは一見関係のない分野の方と仕事をさせて頂くこともあり、とても刺激的です。最近は海外での業務にも携わっており、新しい発見が尽きません。

入社の決め手

仕事内容と社風です。大学在学中は研究開発職に就きたいと考えていました。その中でも、研究スパンが短く自分の携わった研究・開発が世に旅立つ瞬間をより多く体験できる業界がいいと考えていました。舗装業界の研究・開発は比較的早く進み、また、実を結びやすいと考えました。それに加えて、舗装は身近な存在であり、研究成果を体感しやすいということも魅力の一つでした。また、説明会や面接、見学会を通して社員の皆さんがとても和やかでびっくりするほどのびのびしていると感じたのも入社したいと思ったきっかけです。

仕事のやりがい

1つ目のやりがいは、携わっている研究・開発の進展が感じられることです。やはりこの業界の研究はテンポよく進むものが多いので、それに携われることは楽しいです。現場で自分の技術が使われる日に胸をふくらませながら仕事に取り組んでいます。2つ目は、自分の知識や出来ることが増えていくことです。私の大学での専門は建設・土木ではないため、知らないことがとても多いです。しかし私の上司はそれにも拘わらず、様々な業務を与えてくれます。それらをこなしていく過程で、少しづつですが成長していると感じることができ、とても充実しています。

今後の目標

専門性を身に付けていきたいです。また、それを駆使して自ら研究テーマを立案できるようになりたいです。今は、業務を進めていくうえで専門知識の無さを痛感する局面が多々あります。異なった分野からこの業界に入った分、ハンデを克服できるよう探究心を持ち続けたいと思います。土木の分野に限らず、ITなどの当社の技術発展につながり得る分野にもアンテナを張っていきたいです。また、海外での仕事が増えてきているので英語力を伸ばし、ストレスなく会話、文書の作成、発表ができるようになりたいです。

休日の過ごし方

バドミントンが趣味なので毎週のように友人とプレイしたり、大会を見に行ったりしています。右の写真は2018年の全日本総合バドミントン選手大会を見に行った時のものです。東京オリンピックは是非見に行きたいです。

皆さんへのメッセージ

大成ロテックは社員を大切にする会社だと感じます。
また、舗装の分野一つとっても
新しい技術がどんどん生まれています。
一緒により良い環境を作り上げましょう!