データ統合型転圧管理システム / 
転圧管理システム
Technical information

データ統合型転圧管理システム / 転圧管理システム

データ統合型のローラ転圧管理システムは、高速道路、空港など幅員の広い施工箇所にて、ローラを複数台使用して転圧する際に、転圧不足を防止するシステムです。

技術概要

規模の大きい舗装工事において、転圧機械を複数台使用することがあります。データ統合型のローラ転圧管理システムは、同種の転圧機械の状況を無線LANを用いてデータを共有し、転圧不足箇所を防止するシステムです。

データ統合型転圧管理システム / 
転圧管理システムの特長

  • 無線LAN機器を取付ることで、他の転圧機械の転圧状況を同時に表示させることができます。
  • インターネット回線により、遠隔監視モニタに転圧状況のデータを一元管理することができるため、効率的な施工管理が可能です。
  • 遠隔操作も可能になり、現場から遠く離れた場所からでも、トラブル対応可能。

使用用途

  • 高速道路、空港、港湾などの舗装工事
  • 大規模な駐車場やグラウンドの舗装工事

  •  

     

  • データ統合型ローラ転圧管理システムの表示例

    データ統合型ローラ転圧管理システムの表示例

技術に関するお問い合わせはこちら

本社営業部

03-5925-9436

月~金曜日8:30~17:00(土日・祝日は休み)