技術情報

情報化施工(GNSS)によるアスファルトフィニッシャ制御 / TR-SAPシステム

  • NETIS登録番号:KT-090008-A

出来形精度と安全性が向上、多数の施工機械の一括管理を可能とした情報化施工

概要

舗装工事において、GNSS(汎地球測位航法衛星システム)とゾーンレーザ技術を融合させた情報化施工システムです。モーターグレーダやアスファルトフィニッシャ等の施工機械に入力した三次元設計データと、GNSSより受信した位置情報に基づき、高い精度で施工機械を自動制御します。

特長

1.施工機械の自動制御により、路面高さをミリメートル単位(mmGPS、ミリメートルGPS)で仕上げるため均一な出来形を提供します。
2.測量作業の削減により作業員と重機との接触事故が防止できます。
3.データの一元管理による効率的な施工管理が可能です。

用途

1.高速道路、一般道路の舗装工事
2.大規模な駐車場やグラウンドの舗装工事

事例紹介

国道49号(新潟県)

国道33号(愛媛県)

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)