技術情報

リフレクションクラック抑制舗装 / リラクスファルト舗装

高たわみ・応力緩和特性に優れた多機能アスファルト舗装

概要

リラクスファルト舗装は、「応力緩和性能やたわみ性(変形追従性)を低温域においても保持できる」よう改質された特殊アスファルト混合物を用いた舗装工法です。コンクリート舗装上のアスファルトオーバーレイにおけるリフレクションクラック防止対策として、また、積雪寒冷地に見られる低温クラック(サーマルクラック)の遅延・抑制対策舗装としても適用できます。

特長

1. 低温域においても優れた応力緩和能力を保持します。
2. 低温時、高速変形時の破壊ひずみが大きく、変形追従性に優れています。
3. 耐流動性(塑性変形抵抗性)も有しています。
4. 舗装のライフサイクルコストの低減に大きな効果があります。

事例紹介

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)