技術情報

無型枠コンクリート舗装工法 / スリップフォーム工法

  • NETIS登録番号:QS-980058-V

コンクリート舗装やコンクリート構造物等の合理化施工法

概要

コンクリートの供給、締固め、成型、表面仕上げなどの機能を備えた機械を使用し、型枠を設置しないでコンクリート版やコンクリート構造物やなどを連続的に打設する工法です。

◆大成ロテックは、「日本スリップフォーム工法協会(JSF)」の会員です。
  【 当技術に関するお問い合わせ先 】
   E-Mail : JSF_slipform@taiseirotec.co.jp
   メールで質問やお問い合わせ等を承ります。

特長

1. 施工速度が速く、工期を短縮することができます。
2. 機械施工が主のため省力化・省人化が可能となります。
3. コンクリート舗装版の施工では、版厚を任意に選択できます。
4. GPSやトータルステーションを用いた情報化施工により、高品質な製品が構築できます。

用途

1. コンクリート舗装版(普通コンクリート舗装、連続鉄筋コンクリート舗装)
2. コンクリート構造物(剛性防護柵、壁高欄、円形水路、縁石、L型街渠、U型側溝、皿型排水路など)
3. 鉄道の路盤鉄筋コンクリート版

事例紹介

空港エプロン舗装

側溝工事

バイパス舗装

トンネル内コンクリート舗装

技術に関するお問い合わせ

本社営業本部

03-5925-9436

月~金曜日 8:30~17:00(土日・祝日は休み)