リサイクル事業 Business

よみがえるアスファルト舗装

当社はリサイクル事業を通じ資源循環型社会実現に貢献しています。
壊れた道路や老朽化したアスファルト舗装は、独自の合材工場にて処理し、新しいアスファルト舗装としてよみがえります。
身近にある道路において、どのように資源の有効活用が行われているかをご紹介します。

アスファルト舗装が再利用され、
資源の有効活用が行われるまでの流れ

施工前

交通量の多い都市部などは、路面が痛むのも早い

道路表面の老朽化したアスファルト舗装を機械により短時間で取り除いていきます

道路表面の老朽化したアスファルト舗装を機械により短時間で取り除いていきます

廃材(がれき類)はダンプトラックに積み込み、運搬します。

アスファルト舗装は、アスファルト廃材となり、合材工場へ搬入されます。(写真は城南島リサイクルセンターで、コンクリート廃材をメインに取り扱っています。)

アスファルト舗装は、アスファルト廃材となり、合材工場へ搬入されます。
(写真は城南島リサイクルセンターで、コンクリート廃材をメインに取り扱っています。)

廃材がリサイクルセンターで再生され、アスファルト合材の一部として使用されます

廃材がリサイクルセンターで再生され、アスファルト合材の一部として使用されます

巨大なサイロが並ぶ合材工場へ運ばれる。廃材の一部を再利用して作られたアスファルト合材が、舗装現場へ運ばれて行きます

巨大なサイロが並ぶ合材工場へ運ばれる。廃材の一部を再利用して作られたアスファルト合材が、舗装現場へ運ばれて行きます

再生され、新たな舗装のために運ばれてきたアスファルト合材が、機械により短時間で敷き均されていきます

再生され、新たな舗装のために運ばれてきたアスファルト合材が、機械により短時間で敷き均されていきます

ローラーによる転圧作業。あとは路面に白線を引くなどの作業を行って完成です

ローラーによる転圧作業。あとは路面に白線を引くなどの作業を行って完成です

施工後

合材のリサイクルによって道路もよみがえり、
より安全な走行
を可能にします。