QRP工法 / 
急速舗装修繕工法
Technical information

QRP工法 / 急速舗装修繕工法

NETIS登録番号:CG-990019-V

規制時間に制約がある舗装工事に

技術概要

QRP(Quick Repair Pavement)工法は最大粒径30mmの大粒径アスファルト混合物を使用しているため、骨材の噛み合わせ効果も高く、大きな変形抵抗性が得られる舗装です。一度に6~25cmの厚さで敷き均すシックリフト工法を採用することで、施工効率の高い急速施工が可能です。

QRP工法 / 
急速舗装修繕工法の特長

  • ストレートアスファルトでも高い動的安定度が得られます。
  • シックリフト工法では、通常より20℃以上低い施工温度でも十分な締固め度が得られます。
  • 早期の交通開放(内部温度が90℃程度)が可能となります。

使用用途

  • 高速道路や重交通道路の打換え工事、線形変更工事
  • 規制時間に制約がある空港舗装工事

技術に関するお問い合わせはこちら

本社営業部

03-5925-9436

月~金曜日8:30~17:00(土日・祝日は休み)