会社の方針 CORPORATE

マネジメントシステム方針

大成ロテック株式会社は、持続可能な開発目標の設定を通して、企業の社会的責任を果たし、
人びとのためにより良い環境を創造して社会とすべての利害関係者の信頼を得られるように努める。
これを実現するためのマネジメントシステム方針をここに定める。

安全衛生方針

安全第一の精神を基本として、先取り型の安全衛生管理活動を
全員参加で実践し、法令を順守し、労働災害、公衆災害、交通事故を
撲滅して、健康でストレスのない明るい快適職場を構築する。

環境方針

地球環境、地域環境の保全を推進し、資源の有効な利用によって、
循環型社会の実現に取り組み、次世代に託す美しい快適環境を創造する。

品質方針

創造力と知恵を結集して技術の研鑽に努め、
社会と顧客から評価され信頼される品質を提供する。

災害時における事業継続に関する方針

首都直下型地震のような大規模な災害が発生した場合、役職員やその家族、会社の施設等が被害を受け、事業活動に大きな影響が生じることが予想されます。

当社は舗装工事および舗装用資材の製造・販売を主たる営業品目としており、当社の社会的責任として社会インフラの復旧活動に積極的に協力し、国、地方自治体および民間得意先の事業継続に貢献することが重要であると認識しています。

当社は、以下の行動指針に従って事業活動を継続し、社会から信頼される企業となることを目指します。

行動指針

  • 役職員とその家族の生命および身体の安全確保、ならびに会社施設等の被害の最小限化に努めます。
  • 救援活動・社会インフラの復旧活動に全面的協力をいたします。
  • 施工中の建設生産物による近隣地域への二次災害の発生を防止し、地域の方々の安全確保を図ります。
  • 国、地方自治体および民間得意先の施設、特に当社施工の建設生産物の被災状況を速やかに把握し、国、地方自治体および民間得意先の事業継続に向けた応急措置および適切な復旧活動に協力します。
  • 災害等のリスクに強い企業となることを目指し、事業継続計画を常に見直し、改善していきます。

リスクマネジメント方針

経営環境の変化に伴い、企業を取り巻くリスクが増大しており、対処を誤れば、企業存続そのものが危うくなる。
企業はリスクを正しく認識し、その発生の可能性を低下させ、発生した場合の損失を軽減させる対策を事前に定め、実施しなければならない。
当社は、全社的に体系化されたリスクマネジメントシステムを確立し、以下に示す行動指針に基づくリスクマネジメントを継続的に実践する。

行動指針

  • 全ての役職員一人一人が、リスクマネジメントの担当者としての意識を持って行動する。
  • 会社は、リスクマネジメントにおける組織の責任と役割を明確化する。
  • 各部門は、自部門の業務遂行におけるリスクを認識する。
  • 各部門は、認識したリスクに関して、発生を未然に防止する方策を策定するとともに、発生した場合の損失を最小化するリスク対策を整備し、実施する。
  • 各部門は、リスク対策の実施結果を検証し、その改善を行う。
  • 会社は、グループ会社、協力業者、その他取引先等に対し、リスクマネジメントに関する理解を求め、リスクマネジメントの徹底を図る。
  • 会社は、社会や経営に重大な影響を与えるリスクに関し、適宜情報開示を行う。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

大成ロテックでは女性活躍推進法に基づき、男女ともに全ての社員が活躍できる雇用環境の整備を行っています。

行動指針

(計画期間:2021年4月1日~2024年3月31日)

  • 女性技術者の割合を6%以上とする。

    ・新卒採用での女性の比率を毎年10%以上とする。

    ・女性の採用拡大に向けたインターンシップを検討し、実施する。

    ・社内で活躍する女性を紹介する等、積極的な広報活動を展開する。

    ・女性社員同士の交流機会を提供し、ネットワークづくりを支援する。

    ・ダイバーシティ&インクルージョンに関する意識啓発を実施する。

  • 時間外労働(休日労働を含む)を月平均45時間以内とする。

    ・労使の協議体が中心となって、職場における業務削減の取組を実施する。

    ・DX推進、IT活用、テレワーク利用等により、作業時間や移動時間を削減する。

    ・属人的な業務体制を見直す(本支社・事業所間の相互支援体制の構築など)。

    ・2021~22年度は、全社員が月7日以上の休日取得を目指す。

    ・2023年度は、全社員が月8日以上の休日取得を目指す。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

大成ロテックでは次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援に積極的に取り組んでいます。

働きやすい環境を整備し、すべての社員が仕事と生活を両立させ、その能力を十分に発揮できる職場作りに取り組むため、次のような行動計画を策定しています。

行動指針

(計画期間:2019年4月1日~2023年3月31日)

  • 男性社員の育児休業の取得率を15%以上とする。

    ・男性社員が育児休業を取得しやすいよう、育児休業制度を拡充する。

    (育児休業の一部を有給化する、など)

    ・育児関連情報の定期的な提供等により、男性社員の育児休業取得を促す。

  • 育児と仕事の両立のための支援制度を拡充する。

    ・短時間勤務制度を拡充する。

    (対象者の範囲を3歳以上の子を養育する労働者に拡大する、

    勤務時間の選択肢に7時間勤務を追加する、など)。

    ・社内のイントラネット等で、新制度について社員への周知を図る。

  • 休日の事前振替や休日出勤代休の取得及び年次有給休暇の取得を促進する。

    ・各部署において、休日・休暇の取得計画を策定し、計画的な取得を促す。

    ・休日・休暇の取得日数等を見える化し、確実な取得を促す。

  • 学生の就業体験機会の提供を目的としたインターンシップの受け入れを推進する。

    ・学生に対する就業体験機会(インターンシップ)の提供や職業訓練を推進する。

個人情報の保護に関する方針

当社は、個人情報を適切に管理し、保護することが社会的責任であることを認識しています。
個人情報の取扱いに関する当社の基本方針を、「個人情報の保護に関する方針」として定め、個人情報の保護の徹底を図ります。

1. 法令・規範の遵守

個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。

2. 情報管理に係る安全対策の実施

個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、減失、改ざん、不正使用等を防止するため、必要な情報管理に係る安全対策を講じます。

3. 当事者本人の権利尊重

当社が管理する個人情報の当事者本人から、自己情報の開示、訂正、削除、利用または第三者への提供の停止等を求められたときは、法令や社会通念等に照らし、誠意をもってこれに対応します。

4. 問合せ窓口の設置

個人情報の取扱いに関する問合せや苦情に対処するため、問合せ窓口を設置します。

5. 管理体制の構築と継続的改善

規定、マニュアル等の策定など、この方針の実施に必要な社内の管理体制を構築すると共に継続して改善を行っていきます。

調達方針

大成ロテックは「人がいきいきとする環境を創造する」というグループ理念のもと、自然との調和の中で、安全・安心で魅力ある空間と豊かな価値を生み出すために、調達に際しては、以下の方針に基づいて企業活動を行います。

行動指針

    • 法令・社会規範の遵守

      ・法令・社会規範を遵守します。

    • 公平・公正な取引

      ・対等なパートナーとして、公正・公平な取引を推進し、お取引先の選定は、価格・納期の確実性・技術力・経営

      状況等を総合的に評価して行います。

    • 人権の尊重

      ・従業員の基本的人権を尊重し、適切な労働条件の確保に努めます。

    • 安全・衛生の推進

      ・安全で衛生的な職場環境を維持し、労働災害の防止に努めます

    • 環境保全への取組み

      ・自然環境を保護し、環境への負荷低減・汚染防止を図ります。

    • 安全性・品質の確保と向上

      ・建設生産物やサービスの安全性・品質を確保し、それらの更なる向上に努めます。

    • 情報開示

      ・ステークホルダーに対して、適時・適切に情報提供・開示を行います。

    • 情報セキュリティの徹底

      ・機密情報・個人情報・顧客情報を適切に管理・保護します

    • 社会貢献活動への取り組み

      ・自社の経営資源を活用した社会貢献活動を推進します。

    • 災害時における事業活動の継続

      ・大規模災害・事故が発生した場合でも、総合建設業の責務として、国・地方自治体・企業等の事業継続に

      貢献できるよう、体制整備に努めます。

    • CSR(企業の社会的責任)調達の推進

      ・この調達方針についてお取引先の理解と協力を求め、お取引先と共にCSR調達活動を推進します。

税務方針

大成ロテックは、大成建設「グループ行動方針」において、法令等の遵守とともに、社会的良識をもって行動することによる社会的責任の遂行を掲げております。
この行動指針の下、税務に関する法令等を遵守し、社会的責任を遂行していく指針として、以下のとおり税務方針を定めます。

1. 法令等の遵守

大成建設「グループ行動指針」に基づき、事業活動を行う国内外の各国・地域における税務に関する法令等を遵守します。

2. 納税義務の適正な履行

税務に関する法令等に則り、納税義務の適正な履行に努めます。

3. 税務コンプライアンス意識の向上

適切な税務処理に関する啓発を通じて、税務コンプライアンス意識の向上を図ります。

4.税務当局との関係

税務当局に対し、誠実かつ適切に対応することで信頼関係の維持に努めます。